デミアン

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数520
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『デミアン』
    主人公エーミール・シンクレールは「光」と「影」、「善」と「悪」、もしくは「天使」と「悪魔」と表現できる、相反する二つの世界の間を行ったり来たりする。その様子を少し振り返ってみる。
    裕福な家庭に生まれ、暖かい家族とともに明るい「光」の世界に属していたシンクレール。しかしラテン語学校に通っていた十歳のシンクレールは仲間はずれにされたくないという思いからウソをついてしまうことでフランツ・クローマーに脅され、「影」の世界へと引きずり込まれてゆく。それをこの小説のタイトルにもなっているマックス・デミアンなる少年が救い出してくれる。なにか怪しい雰囲気を持った少年デミアンに影響を受けながらも別の道へ別れたシンクレールはその後、寄宿舎の年長アルフォンス・ベックとともにまたもや「影」の世界へと戻ってしまう。落ちぶれたシンクレールを救ったのはベアトリーチェという少女への恋心だった。この恋によって彼は再び「光」の世界へと復帰する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

              『デミアン』
    主人公エーミール・シンクレールは「光」と「影」、「善」と「悪」、もしくは「天使」と「悪魔」と表現できる、相反する二つの世界の間を行ったり来たりする。その様子を少し振り返ってみる。
    裕福な家庭に生まれ、暖かい家族とともに明るい「光」の世界に属していたシンクレール。しかしラテン語学校に通っていた十歳のシンクレールは仲間はずれにされたくないという思いからウソをついてしまうことでフランツ・クローマーに脅され、「影」の世界へと引きずり込まれてゆく。それをこの小説のタイトルにもなっているマックス・デミアンなる少年が救い出してくれる。なにか怪しい雰囲気を持った少年デミアンに影響を受けながらも別の道へ別れたシンクレールはその後、寄宿舎の年長アルフォンス・ベックとともにまたもや「影」の世界へと戻ってしまう。落ちぶれたシンクレールを救ったのはベアトリーチェという少女への恋心だった。この恋によって彼は再び「光」の世界へと復帰する。しかし愛するベアトリーチェを思って書いた絵はどこかデミアンに似ていた。やはり主人公シンクレールはデミアンのいる「光」とも「影」とも違う世界に導かれ..

    コメント1件

    u021092 購入
    もうちょっと中身の内容分析がほしかった
    2007/01/10 20:52 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。