企業の環境経営の事例 ヤマト運輸株式会社

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,158
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    環境配慮型経営の先進事業例として、ヤマト運輸株式会社の環境経営について調べた。



    ・ ヤマト運輸株式会社

    1919年に創業を開始した、宅急便をはじめとする運輸会社である。大企業であるため、グループの事業は大きな社会的影響力を持っている。

    この企業は環境保護活動に力をいれ、成果を出しており、環境経営先進企業といえるだろう。

    近年の環境保護に対する意識の高まりを受けて、2005年4月、グループ企業理念をCSR(企業の社会的責任)の観点から見つめ直し、改訂を行った。

    公共性の高い企業グループとして、ますます倫理観の高い経営が期待されている。



    ・CO2排出量の削減

    保護活動のうち、CO2排出量の削減について調べた。京都議定書が発効し、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの削減対策が求められた。

    ヤマト運輸の運輸部門のCO2排出量は、日本全体の約20%を占めている。1990年比で排出量は約20%増加した。民生部門では30%増えている。この2つの部門の対策強化が、京都議定書の約束数字である、6%削減に向けての大きな課題となった。物流は伸びる一方であるが、どのような対策を立てたのだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境配慮型経営の先進事業例として、ヤマト運輸株式会社の環境経営について調べた。
    ヤマト運輸株式会社
    1919年に創業を開始した、宅急便をはじめとする運輸会社である。大企業であるため、グループの事業は大きな社会的影響力を持っている。
    この企業は環境保護活動に力をいれ、成果を出しており、環境経営先進企業といえるだろう。
    近年の環境保護に対する意識の高まりを受けて、2005年4月、グループ企業理念をCSR(企業の社会的責任)の観点から見つめ直し、改訂を行った。
    公共性の高い企業グループとして、ますます倫理観の高い経営が期待されている。
    ・CO2排出量の削減
    保護活動のうち、CO2排出量の削減について調べた。京都議定書が発効し、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの削減対策が求められた。
    ヤマト運輸の運輸部門のCO2排出量は、日本全体の約20%を占めている。1990年比で排出量は約20%増加した。民生部門では30%増えている。この2つの部門の対策強化が、京都議定書の約束数字である、6%削減に向けての大きな課題となった。物流は伸びる一方であるが、どのような対策を立てたのだろうか。
    ・具体的対策
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。