体育理論、現代生活における運動を考え体力の向上を目指す

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,085
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     はじめに体力という言葉の定義についてであるが「人間のあらゆる活動の基礎となる能力 」「人間が生活力に満ちた生命を完了するための能力 」「健康を作る基盤」など、様々な定義がある。学者によっては身体能力に加え精神面も考慮する者や、体力と精神力を分けて考える者などがおり、言葉の意味が必ずしも一定の内容を示しているわけではない。本課題を考える上で私は体力という言葉を精神力も含めた広義の意味で解釈するのが適当と考える。特に上述の「健康を作る基盤」を中心に考える。
     健康という言葉については世界保健機構の保険憲章に「健康とは、肉体的、精神的、および社会的に完全に良好な状態であって、単に疾病または病弱の存在しない、ということだけではない。 」と定義されている。学者の考えでは健康について「与えられるものではなく勝ち取るもの。 」「病気を取り取り除くことが唯一の健康への道ではない。 」などの様々な表現の方法があるが共通して言えることは病気の存在を否定することが健康ではなく、精神的な面も含めて人が生きていく上で必要な能力が全般的に良好な状態を指していることである。
    現代生活における社会情勢、労働環境、自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。