くまえり事件の概要

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数43,312
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポートくまえり社会学放火

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    「くまえり事件について」まとめてあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「くまえり事件について」
    2006年の7月8日、下諏訪町で今年5月放火され、6台の車が被害にあった事件で20歳の女が逮捕された。逮捕されたのは、諏訪市湖南の飲食店で手伝いをしていた平田恵里香容疑者20歳だった。始めのうちは「やってない」と容疑を否認していたが、10日に「車に放火したことは間違いありません」と容疑を認める供述を始めた。平田恵里香容疑者は自身の作ったホームページの日記で「車が燃えた」と放火事件の詳細を書き込んでいた。また、この日記には平田恵里香容疑者の自宅近くで起きた複数の不審火の写真が掲載されていた。さらに、平田容疑者の携帯電話には掲載されていたものとは別の不審火が残されたことが分かり、警察は関連を調べることになった。逮捕されたこの時点では、動機はまだはっきりしないものの犯行の様子がじょじょに分かってきた。
    13日、ついに平田容疑者は今年5月、下諏訪町の自動車修理販売会社の駐車場に停めてあった車に火をつけた事件について「現場でペットボトルに入れた灯油をまいて火をつけた」と話し、さらに「灯油をしみこませた紙にライターを使って火をつけた」と、犯行の状況の具体的に供述した。この..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。