臨床心理士の就職先はどんなところがあるのか

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数158
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    臨床心理士の仕事についてまとめました。
    参考文献
    http://fjcbcp.or.jp/
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E5%BA%8A%E5%BF%83%E7%90%86%E5%A3%AB

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅱ.臨床心理士の就職先はどんなところがあるのか
    ①仕事先は幅広く、内容も様々
    臨床心理士の仕事先は、大きく分けると「教育」「医療」「福祉」「司法」「産業」「学術・研究」の領域になると思います。
    「教育領域」:小学校・中学校・高校でのスクールカウンセラーや大学での学生相談、教育相談所、適応指導教室や特別支援学校などが挙げられます。主に、児童・生徒・学生本人との心理カウンセリング、保護者や先生と問題について一緒に考え、助言や援助を行います。
    「医療領域」:病院やクリニックでのカウンセリング業務、保健所や保健センターで保健師と一緒に動き家庭訪問に行くことやリハビリセンターや介護施設で老人を相手に心理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。