臨床心理士の仕事とは何をする仕事か

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数199
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    臨床心理士の仕事についてまとめました。
    参考文献
    http://fjcbcp.or.jp/
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E5%BA%8A%E5%BF%83%E7%90%86%E5%A3%AB

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ.臨床心理士の仕事とは何をする仕事か
    ①臨床心理士とは?
     公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格、およびその有資格者のことです。
    臨床心理士の資格を取得するためには、臨床心理士指定大学院の修士課程(博士課程前期課程)を修了する必要があり、そこでやっと臨床心理士試験の「受験資格」が得られます。その後、年1回の試験(1次試験は筆記試験で、その後、筆記を通過した人のみ2次試験の面接を受けることができる)を受け、合格するとようやく取得となります。
    →まとめ:大学院まで行く必要があるわりに、国家資格ではなく、民間資格…。
    ②何をする仕事か?
    心の悩みや問題を抱える人(相談者のことを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。