子どもが遊びに入るまで

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数531
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート心理学発達観察児童子ども

    代表キーワード

    心理学法学児童

    資料紹介

    子どもにとって遊ぶということは、教育や住まいや健康などと同じくらい子どもの生活に欠かせないものである。遊びでは、友達の間でそれぞれの考えや、やりたいことを出し合ったり、自分を表現したりする。それにより、何かをやったとか、満足したなどの達成感も味わえる。
    また、遊ぶことによって想像力を働かせながら、他人を思いやることや我慢することなどを次第に身につけることができる。そうしていく中で同時に、人間関係をつくる力や集団のルールを守ること、忍耐力や責任感、また積極性な意欲や自発性を学ぶことができる。(野村、1999)
    最近、その遊びができない子どもが増えてきている気がする。遊んではいるのだが、私が子どものときの遊びとは少し違う。確かに遊ぶ場所が減ってしまったり、核家族化や子どもを狙った犯罪など子どもが自由に遊ぶことを阻害する要因が増えてきている。両親も将来の受験のことを考えると遊んでばかりいてもいいのかと感じている人も多いだろう。だが、子どもにとって遊ぶことはとても大切なことである。変わった言い方をすれば、子どもの生活のすべてが遊びで構成されているといってもよいのではないか。
    子どもたちはそのため保育所や幼稚園に行く。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【序論】
    子どもにとって遊ぶということは、教育や住まいや健康などと同じくらい子どもの生活に欠かせないものである。遊びでは、友達の間でそれぞれの考えや、やりたいことを出し合ったり、自分を表現したりする。それにより、何かをやったとか、満足したなどの達成感も味わえる。
    また、遊ぶことによって想像力を働かせながら、他人を思いやることや我慢することなどを次第に身につけることができる。そうしていく中で同時に、人間関係をつくる力や集団のルールを守ること、忍耐力や責任感、また積極性な意欲や自発性を学ぶことができる。(野村、1999)
    最近、その遊びができない子どもが増えてきている気がする。遊んではいるのだが、私が子どものときの遊びとは少し違う。確かに遊ぶ場所が減ってしまったり、核家族化や子どもを狙った犯罪など子どもが自由に遊ぶことを阻害する要因が増えてきている。両親も将来の受験のことを考えると遊んでばかりいてもいいのかと感じている人も多いだろう。だが、子どもにとって遊ぶことはとても大切なことである。変わった言い方をすれば、子どもの生活のすべてが遊びで構成されているといってもよいのではないか。
    子どもた..

    コメント1件

    islay1755 購入
    非常にわかりやすい。
    2007/10/02 5:52 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。