福祉専門職が法制化されるに至った歴史的経緯とその充実の必要性について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数354
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本における福祉関係法は戦後から整備されてきたが、当時はまだ福祉従事者の専門性は確立されておらず、資格制度などの法制化はされていなかった。そのため、当時社会福祉事業の職務にあたっていた者は十分な知識や技術が確保できないという問題があった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本における福祉関係法は戦後から整備されてきたが、当時はまだ福祉従事者の専門性は確立されておらず、資格制度などの法制化はされていなかった。そのため、当時社会福祉事業の職務にあたっていた者は十分な知識や技術が確保できないという問題があった。
    そして、ある程度資質をもった専門職員を確保しなければならないということもあり、「社会福祉主事の設置に関する法律」が制定された。
    これは福祉事務所の職員には一定の要件が必要となり、また社会福祉施設の従事者にも社会福祉の体系的な学習を学ぶ課程として注目され、多くの修了者が生まれた。
    このようにして、社会福祉主事が社会福祉専門職の基礎資格として設定された。
     社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。