社会保障論 発展学習課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数465
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障の概要
    社会保障とは、国民の社会的リスクである、老齢・病気・失業・障害などの生活上の問題に対し、貧困の予防や生活の安定などのため、政府が所得・医療を保障、社会福祉サービスを提供すること、またはその制度を指す。 日本国憲法第25条に記された「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利(生存権)」等が根拠である。
    日本の社会保障制度は社会保障制度審議会(現:経済財政諮問会議・社会保障審議会)の分類によれば、社会保険・公的扶助・社会福祉・公衆衛生及び医療・老人保健の5本の柱から成っているとされ、広義ではこれらに恩給と戦争犠牲者援護を加えている。
    社会保険
    医療保険、年金保険、労災保険、雇用保険、介護保険
    公的扶助
    生活保護 ・児童手当 児童扶養手当 ・恩給、戦争犠牲者援護
    社会福祉
    老人福祉、障害者福祉、児童福祉、母子福祉
    公衆衛生及び医療
    老人保健
    公的扶助
    生活保護
    目的
    ・法的根拠:生活保護法であり、その基盤は日本国憲法第25条「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」 
    ・生活保護法第一条「国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮に応じ、必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。