社会福祉原論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,321
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉原論
    基礎学習課題
    問題①
    福祉専門職が法制化されるに至った歴史的経緯とその充実の必要性について述べなさい
                          600~800文字
    問題②
    社会福祉の概念とその視点について述べなさい
                          字数制限なし
    問題③
    社会福祉における関連諸サービスとの連携について、諸サービスの統合的提供の視点から述べなさい
                          600~800文字
    設問
    日本における戦後の社会福祉の展開をまとめ、今日の社会福祉の課題について述べなさい。
    ・社会福祉は歴史的には、慈善救済の事業として固有の出自をもちながらも、労働、雇用、教育、司法、医療、保健、住宅、建築、交通などの関連諸施策・制度の存在を前提にそれらの補充・補完し、あるいは代替する制度として位置づけられてきた。
    ・世界史的には20世紀の、なかでも第二次世界大戦後の1940年代後半以降において成熟し、成立した。
    ・社会福祉が働きかけ解決し、あるいは緩和しようとしている対象は、生活問題(社会の側に視点)福祉ニーズ(個人の側に視点)としてとら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。