社会福祉における関連諸サービスとの連携について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数345
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉のサービスは、各種在宅型サービスをはじめ、内容が多様である。
     これらは利用者のQOL向上のため、複数利用されることが多い。その為、利用者への統合的サービス提供の必要性が高い。
    生活に支障をきたす人々は、サービスをうまく活用することが出来ず、安定した生活を継続できない危険性がある。こうした危険性を防ぐ方法としてケアマネジメントがある。
    ケアマネジメントは、専任マネジャーによるアセスメントから評価・再アセスメントまでの一連のサービスの形である。
    この形で利用者に統合的なサービスが提供可能となるが、これを実施するにあたっては機関間、職種間の協働が重要になる。
    機関間の協働を有効に、かつ安..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。