現代の社会福祉の概念は

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,348
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    先行研究の中から社会福祉研究を代表する概念規定では孝橋正一氏によるものと、岡村重夫氏によるものが代表されるが、この二人は社会福祉をそれぞれ違った視点からとらえている。
    孝橋氏は「資本主義制度の構造的必然の所産である社会的問題に向けられた合目的、補充的な公・私の社会的方策施設の総称であって、その本質の現象的表現は、労働者=国民大衆における社会的必要の欠乏(社会的障害)状態に対応する精神的・物質的な救済、保護及び福祉の増進を、一定の社会的手段を通じて、組織的に行うところに存する」と規定し、これは社会福祉を、資本主義に固有の政策としてとらえている。
    一方岡村氏は「全国民が生活者としての主体的社会関係..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。