小地域活動システムとは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数401
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小地域活動システムとは、地域住民が相互に活動する支援をシステム化したものであり、内容としては、住民が近隣の高齢者世帯を定期的に訪問し、安否の確認をする活動や、福祉ニーズを早期に発見し、サービスにつなげる活動などが行われている。この小地域活動システムは昭和34年からの国庫負担による保健福祉地区組織育成事業が始まりとなって、現在は地区社会福祉協議会や福祉委員、民生委員介護保険施設などが協働した活動をみせ、全国的に普及してきている。地域の特性によって実践が困難な状況であったり、いろいろな工夫がなされていて、全国画一的に実施されているシステムではないようである。兵庫県の小野市社会福祉協議会において開..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。