児童福祉論 発展学習課題②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数505
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     児童は日本の次世代の社会を担い手であり、健全に育成されていくべき存在であるが、それを達成していくためには様々な法律が整備されている。
     わが国の児童福祉は、国の最高法規である日本国憲法を基本として、それらの法律は総合的・体系的に展開されている。児童福祉に関する主な法律としては、「児童福祉六法」といわれ児童福祉法、児童扶養手当法、特別児童扶養手当等の支給に関する法律、母子及び寡婦福祉法、母子保健法、児童手当法が挙げられる。
     これらの法律は、どれも現在の児童健全育成のために欠かすことのできない重要なものとなっている。
     わが国では出生率の低下による少子化が問題となっているがその背景には高度成長..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。