現代社会において求められている介護とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,510
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代社会において、どのような介護サービスが求められるのか考えるため、介護の意義や社会的背景、そして現在の介護の問題点ついて調べてみることにする。
    1介護の意義
    介護とは、病気やけが、高齢のためなど、体が思うように動かせなくなったり、寝たきりになった人に対し毎日の食事や入浴、排泄などの生活に欠かせないことを手助けしたり、掃除や調理、洗濯など身の回りを支援することにより、介護を必要としている人の生活の質を高め、自分らしく生活できるように支援することである。
    2介護の問題点と社会的背景
    日本では平均寿命の大幅な伸びにより、高齢化が急速に進んでおり1970年に高齢化社会になり1994年に高齢社会に突入した。このままいくと2015年には4人に1人が高齢者という時代を迎えることとなる。これらを裏付けるわが国の社会的背景としては、以下のようなことが挙げられる。戦後、生活水準が向上し、医学・医療技術等の進歩により、平均寿命が飛躍的に伸び、2003年度には男性78.4歳、女性85.3歳となった。また、女性の高学歴化、社会進出が進んだことにより、女性の未婚率の上昇や晩婚化、働きながら安心して子どもを産み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。