社会福祉現場において心理学的アプローチの有用性について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,174
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉現場において、福祉の専門知識や技術に加えて、心理学的な専門知識、アプローチが求められるようになってきているが、それはどのような効果、有用性があるのだろうか。なぜ、心理学の知識が導入されているのだろうか。
    社会福祉現場での援助の対象である利用者はそれぞれ固有の問題を抱えていて、生活暦、家庭環境、生まれ持った気質なども違い、価値観やニーズは決して同じものはなく、私たち援助者はその人の立場にたって、最善の利益がもたらされるように努めなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉現場において、福祉の専門知識や技術に加えて、心理学的な専門知識、アプローチが求められるようになってきているが、それはどのような効果、有用性があるのだろうか。なぜ、心理学の知識が導入されているのだろうか。
     社会福祉現場での援助の対象である利用者はそれぞれ固有の問題を抱えていて、生活暦、家庭環境、生まれ持った気質なども違い、価値観やニーズは決して同じものはなく、私たち援助者はその人の立場にたって、最善の利益がもたらされるように努めなければならない。しかし、援助の中では、知らず知らずのうちに自分の思い、価値観が混入してしまっている場合が多いのではないか。本当に「その人の立場に立って」援助をするということは簡単そうに思えて難しいことである。人間が、人間に対して援助を行うのだから、利用者の心の動きを感じることはもちろん、自分自身の心の動きもしっかりと頭の中に入れておく必要がある。そして援助の際には自分の価値感情にとらわれることなく、本人にとっての真のニーズを把握することが大切である。そういったところから、社会的援助の必要な利用者は、心理的な理解と援助が必要であり、これらの能力を身につ..

    コメント1件

    koyuki1002 購入
    参考になりました。
    2006/11/15 13:32 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。