恋愛体験と恋愛のタイプ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,202
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題と目的
     恋愛とは、様々な感情による経験をすることが出来る、人間の成長のための非常に重要なプロセスである。思春期から青年期、その後も多くの人が興味を持ち、各々違う価値観・こだわりを持っていることであろう。そして、その価値観同士が触れ合うことで人により、まったく違う人間関係を築いている。しかし、そのように大切な人間関係であるのに心理学で実証的に扱われることは少ない。代表的な研究者にはリー(LEE,J.A)、フロム(Fromm,E)、スタンバーグ(Sternberg,R.J)、ルビン(Rubin,E)などがいる。
     では、価値観を具体的に研究するとどのように分類されるのか。それを恋愛関係の類型論とし、価値観を6つのタイプに分けた研究者としてリーがいる。
     リーは恋愛の型をルダス、アガペ、プラグマ、エロス、ストーゲイ、マニアに分類した(表1)。そして、それらを環状に位置づける恋愛理論を展開している(図1)。環状の図は隣り合っているものは価値観が近く、反対の場所のものは対立している。リーは全ての人間をそれぞれ「型1つずつ」に分類していた。その後、様々な心理学者により彼の考えは開発され、得点化し、そのバランスによって個人差が示されている。
     今回はルダス、プラグマ、マニアを取り上げる。ルダスは恋愛を楽しむことを大切に考え、プラグマは恋愛を地位上昇のための手段ととらえ、マニアは独占欲が強く、憑執などの激しい感情をもつ恋愛である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題と目的
     恋愛とは、様々な感情による経験をすることが出来る、人間の成長のための非常に重要なプロセスである。思春期から青年期、その後も多くの人が興味を持ち、各々違う価値観・こだわりを持っていることであろう。そして、その価値観同士が触れ合うことで人により、まったく違う人間関係を築いている。しかし、そのように大切な人間関係であるのに心理学で実証的に扱われることは少ない。代表的な研究者にはリー(LEE,J.A)、フロム(Fromm,E)、スタンバーグ(Sternberg,R.J)、ルビン(Rubin,E)などがいる。
     では、価値観を具体的に研究するとどのように分類されるのか。それを恋愛関係の類型論とし、価値観を6つのタイプに分けた研究者としてリーがいる。
     リーは恋愛の型をルダス、アガペ、プラグマ、エロス、ストーゲイ、マニアに分類した(表1)。そして、それらを環状に位置づける恋愛理論を展開している(図1)。環状の図は隣り合っているものは価値観が近く、反対の場所のものは対立している。リーは全ての人間をそれぞれ「型1つずつ」に分類していた。その後、様々な心理学者により彼の考えは開発され、得点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。