超大陸の変動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,460
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今回のレポートは超大陸の変動について知るところを述べよという課題である。述べるべきところは多いが、このレポートでは過去の超大陸の名前の羅列ではなく、過去存在した超大陸がどのようなシステムで変動したと考えられるかという点に絞って述べる。
    まず、最初に大陸移動説とそれを提唱したウェゲナーについて述べる。ウェゲナーが大陸移動説を考えついたのは1910年のことで、世界地図を見ていた時のことであったといわれる。その翌年、ブラジルとアフリカの植物化石の比較についての論文が発表されたことに刺激され、彼は1912年1月6日フランクフルト・アム・マインで開かれた地質学会において彼の仮説を“大陸の起源”として初めて発表した。しかしこの仮説はあまりよい評価を受けなかったようだ。その理由はいくつか考えられるが、最大の理由は彼自身が大陸を動かすほどの力を持つものの招待について十分な説得力を持つ仮説を提唱できなかった事にあるだろう。イギリスのジェフリースなど一部の地球物理学者は、大陸移動説に強力な反対論を展開した。当時は、主として地震学から地球の内部構造が明らかになりつつあった時代であり、特にジェフリースは地震波の伝播など地球内部の諸現象に対して、物理、数学の手段を駆使して多くの重要な発見を発表していた。ジェフリースは、ウェゲナーが可能性をあげた大陸移動の原動力のいくつかの候補についての可能な大きさを見積り、それらは到底大陸を動かし得ない小さな力にすぎないと結論付けた。
    ジェフリースらの主張には数学的な裏付けがあり、ウェゲナーの主張が主として定性的な証拠に頼っているのにくらべてより説得力があった。こうして、1950年代の終わり頃までには大陸移動説に対して否定的な見解が学界の大勢を支配するようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    超大陸の変動と地球史レポート
    今回のレポートは超大陸の変動について知るところを述べよという課題である。述べるべきところは多いが、このレポートでは過去の超大陸の名前の羅列ではなく、過去存在した超大陸がどのようなシステムで変動したと考えられるかという点に絞って述べる。
    まず、最初に大陸移動説とそれを提唱したウェゲナーについて述べる。ウェゲナーが大陸移動説を考えついたのは1910年のことで、世界地図を見ていた時のことであったといわれる。その翌年、ブラジルとアフリカの植物化石の比較についての論文が発表されたことに刺激され、彼は1912年1月6日フランクフルト・アム・マインで開かれた地質学会において彼の仮説を“大陸の起源”として初めて発表した。しかしこの仮説はあまりよい評価を受けなかったようだ。その理由はいくつか考えられるが、最大の理由は彼自身が大陸を動かすほどの力を持つものの招待について十分な説得力を持つ仮説を提唱できなかった事にあるだろう。イギリスのジェフリースなど一部の地球物理学者は、大陸移動説に強力な反対論を展開した。当時は、主として地震学から地球の内部構造が明らかになりつつあった時代で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。