医事法におけるクローン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数381
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    クローンとは1個の細胞または生物から無性生殖的に増殖した生物の一群。また、遺伝子組成が完全に等しい遺伝子・細胞または生物の集団である。クローンの研究は97年にイギリスでクローン羊のドリーが誕生したのを皮切りに世界中で急速に進歩している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私はクローンについて興味を持ちました。クローンとは1個の細胞または生物から無性生殖的に増殖した生物の一群。また、遺伝子組成が完全に等しい遺伝子・細胞または生物の集団である。クローンの研究は97年にイギリスでクローン羊のドリーが誕生したのを皮切りに世界中で急速に進歩している。そんな中、クローン技術において今世界中で問題になっているのが人間のクローンを作っていいのかという問題である。クローン技術の進歩にともない、クローン人間の作成は夢ではなくなってきているのだ。しかし技術があるからといってクローン人間を作ることは許されるのだろうか。日本では2000年に「ヒトに関するクローン技術の規制に関する法律」..

    コメント1件

    skyupup 購入
    mazumazu
    2007/01/18 14:32 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。