民法 法と道徳との関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,081
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    法と道徳の関係
    法と道徳とは、互いに密接な関係がある。道徳が人間関係の内面的な価値原則であるならば、同じく行動規範である法も道徳によって規範内容を方向付けられているといえる。しかし、必ずしも、これはすべての場合には当てはまらない。法の中には道徳とは全く異なる規範も多くある。法と道徳とは異なるものであるのだ。

    それぞれの領域
      まず、法と道徳とは、それぞれの領域が異なっている。ただ、それぞれの領域を持ちながらも、法と道徳がその実現を要求する価値が一致している場合もある。たとえば、「盗んではならない。」「人を殺してはならない。」という道徳的義務の要求は刑法の、殺人の罪(199条)、窃盗の罪(235条)のそれぞれの保護法益に対する法的義務と一致している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法と道徳の関係
    法と道徳とは、互いに密接な関係がある。道徳が人間関係の内面的な価値原則であるならば、同じく行動規範である法も道徳によって規範内容を方向付けられているといえる。しかし、必ずしも、これはすべての場合には当てはまらない。法の中には道徳とは全く異なる規範も多くある。法と道徳とは異なるものであるのだ。
    それぞれの領域
      まず、法と道徳とは、それぞれの領域が異なっている。ただ、それぞれの領域を持ちながらも、法と道徳がその実現を要求する価値が一致している場合もある。たとえば、「盗んではならない。」「人を殺してはならない。」という道徳的義務の要求は刑法の、殺人の罪(199条)、窃盗の罪(23..

    コメント2件

    yoshi0817 購入
    goo
    2007/01/16 12:11 (9年11ヶ月前)

    stargatemax 購入
    さんきゅー!!
    2007/01/24 11:52 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。