進路に対する意識が学業成績に及ぼす影響に関する研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数491
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    要約
    本研究は、進路に対する意識が学業成績に及ぼす影響に関するものである。大学に所属する学生を調査対象とした。その結果席順とノートを取るかどうかが学業成績に影響することが明らかとなった。本研究に基づき、学生生活の質を向上させるための方策について議論された。

    背景
     私たち大学生は、進路に対して漠然とした不安、あせり、期待をもって生活している。そこで私たちは、その進路に対する感情が学習面での刺激となり、その結果大学の勉強をしっかりするのではないかと考えた。つまり「進路決定に対する意識の高さが学業成績の決定要因になる」と考え、これを調査テーマとすることにした。また同時に生活習慣や学習態度、潜在能力などについても、学業成績との関係を調べることとした。このテーマを調査することにより、成績を向上させるためには、より早くから進路決定をしたほうが良いかや、生活習慣や学習態度などでどの部分を改善すればよいかを知ることができ、大学生のこれからの生活に生かすことができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    進路に対する意識が学業成績に及ぼす影響に関する研究
    要約
    本研究は、進路に対する意識が学業成績に及ぼす影響に関するものである。大学に所属する学生を調査対象とした。その結果席順とノートを取るかどうかが学業成績に影響することが明らかとなった。本研究に基づき、学生生活の質を向上させるための方策について議論された。
    背景
     私たち大学生は、進路に対して漠然とした不安、あせり、期待をもって生活している。そこで私たちは、その進路に対する感情が学習面での刺激となり、その結果大学の勉強をしっかりするのではないかと考えた。つまり「進路決定に対する意識の高さが学業成績の決定要因になる」と考え、これを調査テーマとすることにした。また同時に生活習慣や学習態度、潜在能力などについても、学業成績との関係を調べることとした。このテーマを調査することにより、成績を向上させるためには、より早くから進路決定をしたほうが良いかや、生活習慣や学習態度などでどの部分を改善すればよいかを知ることができ、大学生のこれからの生活に生かすことができる。
    既存研究と仮説構築
    個人に内在化されたある一定の水準(要求水準)を元に、物事を成し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。