日産の経営分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数1,274
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学は、車を持っている学生の率が非常に高いという特徴がある。不便な土地にあることや、周りの先輩たちが持っているという理由が考えられる。私も筑波という土地にきて、去年の夏休みに自動車運転免許を取得して、車が非常に欲しいと考えています。そこで自動車産業について経営分析しようと考えました。そうした時に私が一番気になった企業は日産自動車であったため、日産自動車について経営分析をしました。
     あとのページの表から読み取れるように、1990年までは日産は安定した業績をあげて、収益性の3つの指標も安定しており、流動比率と当座比率も順調に上昇して、企業として安定し、発展を続けていたことが分かります。このころは、日産車の高水準な技術やイメージを高めて、海外でのシェアも増やしていき、ヨーロッパや北米での販売体制の確立をしていました。しかし1990年代に入って自動車業界の業界平均の経常利益率が大きく下がっていることが読み取れる。90年には5%近くあったのに、95年までの4年間で0%近くまで落ち込んでしまっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日産の経営分析
    大学は、車を持っている学生の率が非常に高いという特徴がある。不便な土地にあることや、周りの先輩たちが持っているという理由が考えられる。私も筑波という土地にきて、去年の夏休みに自動車運転免許を取得して、車が非常に欲しいと考えています。そこで自動車産業について経営分析しようと考えました。そうした時に私が一番気になった企業は日産自動車であったため、日産自動車について経営分析をしました。
     あとのページの表から読み取れるように、1990年までは日産は安定した業績をあげて、収益性の3つの指標も安定しており、流動比率と当座比率も順調に上昇して、企業として安定し、発展を続けていたことが分かります。このころは、日産車の高水準な技術やイメージを高めて、海外でのシェアも増やしていき、ヨーロッパや北米での販売体制の確立をしていました。しかし1990年代に入って自動車業界の業界平均の経常利益率が大きく下がっていることが読み取れる。90年には5%近くあったのに、95年までの4年間で0%近くまで落ち込んでしまっている。このような大幅な減少の背景には、バブル景気の崩壊によっての、日本国内での自動車需..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。