航空会社の組織分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数737
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国民航空の旧労が影響力を失ったプロセスとメカニズムを分析しまとめる。 まず、プロセスについて調べた。まず、恩地元が旧労の委員長になった後、旧労は組合員に労働協約などの説明を行った。それによって組合員が自分の待遇の悪さを何とか変えたいと考え、旧労を支援した結果旧労は影響力を持った。そしてスト権の行使に賛成する組合員が97、8%となってまず1回目のストを行うことになった。このことを良く思わない政府、運輸省が社長に圧力を掛け、役員の交代など次第に旧労排除の動きを始めた。そして2回目のストでは、政府の息のかかった役員らが、旧労が日程を首相フライトに合わせてきたことを逆に利用して、旧労が共産主義だと宣伝し圧力を掛けた。また、ストを行ったときに客からのクレームを直接受けて大きな被害を受けた営業職の人を中心に第二組合を立ち上げ、一般職の人たちも上司などに強引に第二組合に入れられた。さらに旧労で影響力を持つ恩地を海外に長期間赴任させることによって、旧労の影響力を弱めようとした。このようなプロセスで旧労は影響力を失っていった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「沈まぬ太陽」を通じた
    組織分析
    設問1、国民航空の旧労が影響力を失ったプロセスとメカニズムを分析しまとめる。
    まず、プロセスについて調べた。まず、恩地元が旧労の委員長になった後、旧労は組合員に労働協約などの説明を行った。それによって組合員が自分の待遇の悪さを何とか変えたいと考え、旧労を支援した結果旧労は影響力を持った。そしてスト権の行使に賛成する組合員が97、8%となってまず1回目のストを行うことになった。このことを良く思わない政府、運輸省が社長に圧力を掛け、役員の交代など次第に旧労排除の動きを始めた。そして2回目のストでは、政府の息のかかった役員らが、旧労が日程を首相フライトに合わせてきたことを逆に利用して、旧労が共産主義だと宣伝し圧力を掛けた。また、ストを行ったときに客からのクレームを直接受けて大きな被害を受けた営業職の人を中心に第二組合を立ち上げ、一般職の人たちも上司などに強引に第二組合に入れられた。さらに旧労で影響力を持つ恩地を海外に長期間赴任させることによって、旧労の影響力を弱めようとした。このようなプロセスで旧労は影響力を失っていった。
    では次に個々の問題について詳しく調..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。