首都圏地震被害想定について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数726
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央防災会議とは、内閣総理大臣を会長とし、防災担当大臣や防災担当大臣以外の全閣僚、指定公共機関の長、学識経験者からなる会議で、「防災基本計画」、「地域防災計画」の作成及びその実施の推進さらに非常災害の際の緊急措置に関する計画の作成及びその実施の推進などを行う組織である。その中央防災会議が発表した首都圏の地震被害想定とは経済、政治、行政の中枢としての首都圏、東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県における地域で地震が発生したことを想定し、「首都機能の継続性確保」と膨大な被害の軽減と対応」を図ると言うことを目的として作られた。
     この中央防災会議が想定する地震とはまず首都直下型地震である。この地域では今後100年から200年以内に相模沿いの規模の大きな地震に先立ってプレート境界の潜り込みによって蓄積された歪みによってそのエネルギーがマグニチュード7程度の地震として放出される可能性が高い。特に前回の関東大震災から既に70年以上が経過し、その切迫性は高まっている。首都地域ではおもに5つの地震の発生様式が想定される。それは
    1. 地殻内の浅い地震
    2. フィリピン海プレートと北米プレートとの境界の地震
    3. フィリピン海プレート内の地震
    4. フィリピン海プレートと太平洋プレートとの境界に地震
    5. 太平洋プレート内の地震
    である。このうち4,5は地震規模を同一と捉えた場合、防災上の観点から2のタイプの地震の地震として包含して取り扱えることから1,2,3のタイプの地震を扱うことにした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    首都圏地震被害想定について
    課題:中央防災会議が2005年に発表した首都圏の地震被害想定についてその概要を簡単にまとめ自身が考える防災対策について論ぜよ。
     中央防災会議とは、内閣総理大臣を会長とし、防災担当大臣や防災担当大臣以外の全閣僚、指定公共機関の長、学識経験者からなる会議で、「防災基本計画」、「地域防災計画」の作成及びその実施の推進さらに非常災害の際の緊急措置に関する計画の作成及びその実施の推進などを行う組織である。その中央防災会議が発表した首都圏の地震被害想定とは経済、政治、行政の中枢としての首都圏、東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県における地域で地震が発生したことを想定し、「首都機能の継続性確保」と膨大な被害の軽減と対応」を図ると言うことを目的として作られた。
     この中央防災会議が想定する地震とはまず首都直下型地震である。この地域では今後100年から200年以内に相模沿いの規模の大きな地震に先立ってプレート境界の潜り込みによって蓄積された歪みによってそのエネルギーがマグニチュード7程度の地震として放出される可能性が高い。特に前回の関東大震災から既に70年以上が経過し、その切..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。