教育の構造改革の4つの理念についての意見

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数423
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最初に1つ目の個性と能力の尊重ということについて、これは教育を受ける側からすれば、当然行なわれるべきものである。個々人にそれぞれの特徴があるので、同じような教育を受けるよりも、個性を使えるような教育が好まれるはずである。しかしこれを実現するためには、教育者の能力の向上や、意識の改善が必要であると考えられる。個性を発揮させて、自分から教育に取り組む姿勢を作り出すために、その子供をしっかりと見て、理解してあげることが不可欠である。ただ自由にさせるのではないというような、しっかりした教育の目標を持つことが求められる。
    2つ目については、社会性を育てるということは現実社会を見据えた教育を展開していくということである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の構造改革の4つの理念についての意見
    教育の構造改革の4つの理念とは、まず「個性」と「能力」の尊重、「社会性」と「国際性」の涵養、「多様性」と「選択」の重視、そして「公開」と「評価」の推進である。これについて私の意見を述べる。
    最初に1つ目の個性と能力の尊重ということについて、これは教育を受ける側からすれば、当然行なわれるべきものである。個々人にそれぞれの特徴があるので、同じような教育を受けるよりも、個性を使えるような教育が好まれるはずである。しかしこれを実現するためには、教育者の能力の向上や、意識の改善が必要であると考えられる。個性を発揮させて、自分から教育に取り組む姿勢を作り出すために..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。