ディスカウントストアと価格破壊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数615
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    数年ほど前からマスコミなどで、ディスカウントストアや価格破壊という言葉を耳にするようになってきた。まずは、ディスカウントストアとは何かということについて考える。専門書によると、「ディスカウントストアとは家電製品、カメラ、スポーツ用品、酒類、靴履類、衣料品、家庭用品等を他の小売業態よりも低価格で販売する小売業態。」(注1)となっている。ディスカウントストアは現在、他の大型小売店などの売上が不調の中で、売上を伸ばしている。
     では、どのようにしてディスカウントストアが売上を伸ばしているのかを通して、これからの未来でも、ディスカウントストアは今までのように発達をして、売上を伸ばし続けていくのかどうかということを考えていく。
     これまでディスカウントストアが発達してきた理由は、売値が安いので消費者が魅力を感じ、大量に売れるということだ。売値を下げることにより、他の企業との差を作り出し、成功を収めた。これが価格破壊だ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ディスカウントストアと価格破壊
     数年ほど前からマスコミなどで、ディスカウントストアや価格破壊という言葉を耳にするようになってきた。まずは、ディスカウントストアとは何かということについて考える。専門書によると、「ディスカウントストアとは家電製品、カメラ、スポーツ用品、酒類、靴履類、衣料品、家庭用品等を他の小売業態よりも低価格で販売する小売業態。」(注1)となっている。ディスカウントストアは現在、他の大型小売店などの売上が不調の中で、売上を伸ばしている。
     では、どのようにしてディスカウントストアが売上を伸ばしているのかを通して、これからの未来でも、ディスカウントストアは今までのように発達をして、売上を伸ばし続けていくのかどうかということを考えていく。
     これまでディスカウントストアが発達してきた理由は、売値が安いので消費者が魅力を感じ、大量に売れるということだ。売値を下げることにより、他の企業との差を作り出し、成功を収めた。これが価格破壊だ。
     売値を安くできた理由のひとつとして、仕入れの方法がある。例えば、大手家電メーカーは流通系列化の手段として、リベート制をしいている。リベートとは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。