GISを用いたリスクマネジメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数491
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    GISというのはGeographic Information Systemの略で、一般的に言えば、「地理情報を取り扱う情報システムの総称」だが、分かり易く言えば"コンピュータで地理的な情報(図形的なものと場所の属性を数値化したものがある)を取り扱う技術"のことである。身近な例では、最近、急速に普及したカーナビゲーションシステムもG I S技とG P S (専用の人工衛星からの電波をとらえることによって自分の位置を計測するシステム:Global Positioning System)技術の融合によって成り立っている。阪神・淡路大震災ではG I Sは、地震によって倒壊した家屋瓦礫の撤去を住民が公共団体に申請する際の申請窓口での情報管理に使われたり、建築物の被災状況や避難所の位置・人数等の変遷の分析など、実務・研究分野の様々なところで利用された。G I Sの技術そのものは以前からあり、先進的な地方公共団体、特に財務・都市計画部局等で利用されていたが、正直なところ、以前のG I Sの操作は一般のユーザにとって"敷居の高い"ところがあった。
    例えば、ある地域の中にある建物の数を数えるという単純な作業を行うにも、様々な命令を組み合わせて作業をしなければならないこともあり、極端に言えば「専属のオペレータがいないと何もできない」といった状況もあながち嘘というわけではなかった。また、市街地データの作成には大きな投資が必要で、G I S普及の妨げになっていた。しかし、最近では操作性に優れたパソコン用のG I Sが普及し、様々な分野で利用され始めている。震災後、国土地理院が進めている「空間データ基盤整備」や民間で販売しているディジタル地図などの充実も、G I Sの普及に拍車をかけている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    GISを用いたリスクマネジメント
     GISを用いたリスクマネジメントの事例を挙げ,その内容とそれが安全・安心な社会にどのように役に立つか考察する。
     GISというのはGeographic Information Systemの略で、一般的に言えば、「地理情報を取り扱う情報システムの総称」だが、分かり易く言えば"コンピュータで地理的な情報(図形的なものと場所の属性を数値化したものがある)を取り扱う技術"のことである。身近な例では、最近、急速に普及したカーナビゲーションシステムもG I S技とG P S (専用の人工衛星からの電波をとらえることによって自分の位置を計測するシステム:Global Positioning System)技術の融合によって成り立っている。阪神・淡路大震災ではG I Sは、地震によって倒壊した家屋瓦礫の撤去を住民が公共団体に申請する際の申請窓口での情報管理に使われたり、建築物の被災状況や避難所の位置・人数等の変遷の分析など、実務・研究分野の様々なところで利用された。G I Sの技術そのものは以前からあり、先進的な地方公共団体、特に財務・都市計画部局等で利用されてい..

    コメント1件

    1578vol 購入

    2007/10/27 2:42 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。