「CMと化粧品と購買意欲」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,247
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.研究動機
     私の志望業界が広告代理店で単純に広告について何かを調査したかったからです。そして、CMは本当に商品を売るために必要な手段であるのかが疑問でした。CMによって知名度を上げるだけだったり、企業イメージを定着させるとか改善するなどの手段にも用いられるが、商品の売上の増加に繋がっているかどうかを調査したかった。

    2.業種選択
     電通:「2005年日本の広告費」によると広告費を多く使用している業界は、1位が化粧品・トイレタリー、2位が食品、そして3位が飲料・嗜好品であることが分かった。よって、多く広告費に資金を投入している方がより一般の人が広告費触れる機会が多くなりそれに対する反応も見やすいと考えたため、化粧品業界を選択することにした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「CMと化粧品と購買意欲」
    【目次】
    1.研究動機
    2.業種選択
    3.問題提起
    4.研究方法
     4.1 アンケート調査
     4.2 集計
    5.分析
    5.1 正準相関分析
     5.2 検定結果
     5.3 考察と提案
    6.反省
    7.参考資料
    1.研究動機
     私の志望業界が広告代理店で単純に広告について何かを調査したかったからです。そして、CMは本当に商品を売るために必要な手段であるのかが疑問でした。CMによって知名度を上げるだけだったり、企業イメージを定着させるとか改善するなどの手段にも用いられるが、商品の売上の増加に繋がっているかどうかを調査したかった。
    2.業種選択
     電通:「2005年日本の広告費」によると広告費を多く使用している業界は、1位が化粧品・トイレタリー、2位が食品、そして3位が飲料・嗜好品であることが分かった。よって、多く広告費に資金を投入している方がより一般の人が広告費触れる機会が多くなりそれに対する反応も見やすいと考えたため、化粧品業界を選択することにした。
    3.問題提起
    大学周辺の専門店の売上を増加させるためには、CMといった広告のほかにも何らかの手段を使うことで売上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。