国立マンション訴訟

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数658
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国立マンション訴訟 
     『国立マンション訴訟』は、1999年に国立市の「大学通り」沿いに高層マンションの建設計画が持ち上がって以来、地域住民、国立市、東京都、明和地所によって、訴訟が相次いだ。これからその争点を示し、最後に私の考える、景観に関する本質を述べていく。
    まず、国立マンション訴訟の経過を以下に示す。
    1.国立マンション訴訟の経過
    1999/7/22
    明和地所、東京海上火災保険から90億2000万円で用地を取得
    1999/12/3
    明和地所、東京都多摩西部建築事務所に建築確認申請
    2000/1/5
    東京都多摩西部建築事務所が建築確認
    2000/1/31
    国立市議会・本会議、地区計画改正条例案を可決
    2000/2/24
    明和地所、東京地裁に、地区計画・地区計画改正条例の無効確認を求める訴訟を提起
    2001/3/29
    地域住民ら、東京地裁に、建物の高さ20mを超える部分の撤去を求める民事訴訟を提起
    2001/4/28
    明和地所、東京地裁に、国立市らに4億円の損害賠償を求める民事訴訟を提起
    2002/2/14
    東京地裁、明和地所の地区計画・地区計画改正条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。