サントリーの販売戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,043
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    サントリーの販売戦略
    ~伊右衛門~
    現状の把握
       「伊右衛門」の現状とサントリーの現状、「お茶」を取り巻く市場を把握する。
       まず、伊右衛門は京都の老舗である「福寿園」と協力して他の製品とは異なる「高級感」を売りにしている。
    2004年3月16日に発売し、3日で発売を一時中止にせざるを得ないほど売れた。6月末の時点で緑茶飲料過去最速のペースで1100万ケース突破し、年内の販売目標を1500万ケースから2600万ケースと大幅に上方修正を行った。2004年4月の売上量は1位「伊右衛門」サントリー、2位「おーいお茶、新茶」伊藤園、3位「生茶」キリンビバレッジ、4位「ジャスミン緑茶」伊藤園、5位「おーいお茶、緑茶」伊藤園、6位「烏龍茶」サントリーとなっている。このように「伊右衛門」自体は非常に好調な売れ行きで、市場での確固たる地位は気づいたものであると考えられる。
       一方で、ホットの緑茶のランキングは1位「生茶」キリンビバレッジ、2位「まろ茶 ひとひら」コカコーラボトラーズ、3位「おーいお茶 濃茶」伊藤園、4位「健康緑茶 フラバン茶」サントリー、5位「ヘルシア緑茶」花王、6位「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。