キャノンの経営分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数456
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キャノンの経営分析
     Chronological evolution of the corporation
    「キヤノンの歩み」として、以下の時代区分を行っている。
    1937~1945 キヤノン創業、カメラ作りを本格化
    1945~1954 近代化と世界に向けての躍進
    1955~1961 総合カメラメーカーへの成長
    1962~1970 カメラ事業を超え、新たに事務機へ参入
    1971~1975 映像情報分野へ進出
    1976~1981 多角化の成功と業容の拡大
    1982~1991 第二の創業からグローバル企業化
    1992~2000 世界で愛される優良企業グループ
    2001~ 新世紀の幕開
    さらに詳しいものとして、主な活動を記した年表(付録)を作成した。
     年表からも分かるように、キャノンはカメラの製造から始まり、プリンターから事務用品まで積極的な多角化を行ってきた。また海外進出も積極的に行い、早くから国際企業として活動を行ってきた。
    2) Major products and services
     主要製品としては下表のようなものがあり、また、これらの製品を使った、基幹システム、ドキュメントソリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。