労働市場におけるパートタイマーの存在意義について[投稿論文]

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数36
閲覧数341
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    労働市場におけるパートタイマーの存在意義について
    はじめに  2
    卸売・小売業、飲食店におけるパートタイマーの推移  3
    2.1 卸売・小売業、飲食店における全労働者に占めるパートタイマーの割合の推移 3
    2.2 卸売・小売業、飲食店のパートタイマーの雇用理由 5
    労働需要側及び労働供給側から考えたパートタイマー 6
      3.1 労働需要側から考えたパートタイマー 6
    3.1.1 人件費の面から考えたパートタイマー 6
       3.1.2 労働力の質の面から考えたパートタイマー 7
      3.2 労働供給側から考えたパートタイマー 11
       3.2.1 パートタイマーとして働く背景及び理由(全産業) 11
       3.2.2 パートタイマーとして働く背景及び理由(卸売・小売業、飲食店) 13
      
    雇用主と従業員の雇用契約 15
      4.1 正規雇用者に昇進がある場合 15
       4.1.1 昇進によるインセンティブ 18
       4.1.2 インセンティブモデル 21
       4.1.3 昇進による職務配置 23
       4.1.4 外部の企業の影響がある場合の昇進 24
      4.2 モラル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。