公務員再雇用制度の国際比較(日米英豪)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数321
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    公務員再雇用制度の国際比較
    目次
    1.はじめに
    2.官業開放における公務員再雇用制度の必要性
    2-1 日本の公務員制度における再雇用制度の現状
    2-2 諸外国における公務員再雇用制度の比較
    3.制度プロセス・授業の包括的な評価機関の必要性
    3-1 日本の官業開放における評価の必要性
    3-2 英国におけるPartnership UK
    4.終わりに
    1.はじめに
      このレポートでは行政側の立場から今までの発表を元に①公務員の再雇用制度、②制度プロセス、事業の包括的な監視・評価の二点に対して諸外国の事例を通じて今後どのような制度構築が求められるのかについて分析・考察していきたい。
    2.官業開放における公務員再雇用制度の必要性
     勧業開放を進めていく上で問題となるのが民間に委託される業務を遂行していた公務員の今後の処遇である。以下日本における公務員の再雇用制度について概観した上で英国や米国など諸外国においてどのような制度が存在するのかについて概観していきたい
    2-1 日本の公務員制度における再雇用制度の現状
     現在の公務員法をベースとして雇用条件を維持したままで官業開放を行うことは様々な問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。