日本におけるアウトソーシングビジネスの分析

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数185
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本におけるアウトソーシングビジネスの分析
    1.はじめに
     日本において最初にアウトソーシング契約がなされた事例として挙げられるのが野村総合研究所とセブンイレブン・ジャパンとで行われたアウトソーシング契約が挙げられる。その後、各企業において業務の効率化、コストダウンを目的に情報システム分野と一般業務を中心にしてアウトソーシングビジネスが急速に拡大していった。本レポートではアウトソーシング協議会が行った「アウトソーシングに関する調査」を元に、日本におけるアウトソーシングビジネスの動向と近年見られる傾向にについて分析する。
    2. 日本のアウトソーシングの現状
     
    2-1 アウトソーシングを活用する対象分野・業種・目的
    a. アウトソーシング活用企業の産業別内訳
    図表2-1 アウトソーシング活用分野の内訳(1999年) 出典:アウトソーシング産業市場規模基本調査 調査によれば多種多様の業種でアウトソーシングサービスを活用していることが伺える(2-2)。アウトソーシングサービスを活用している企業のうち最も多い業種は金融業である(16.3%)。次いで科学(9.1%)、電気機械(9.1%)と続く。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。