慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS) 研究計画書[合格]

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,971
ダウンロード数15
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    慶應義塾大学大学院経営管理研究科の研究計画書です。入学志願調書において使用し、面接ではこの資料を基にして質疑応答がなされました。ご参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.志望動機
    私が現在所属しております研究室で為される研究分野には大きく4つに分かれています。その内容は、DEAやAHPなどの評価系、サプライチェーンマネジメントなどの物流系、天候デリガティブやリアルオプションなどの金融系、プライシングやマーケティングのゲーム理論系です。現在、その中で私は、ゲーム理論を使ったプロモーション効果の分析を卒業論文として研究しております。
    この研究では、消費者が商品に対しロイヤリティを持っていることを前提としていますが、研究が進むにつれ、企業と顧客との関係構築や、企業のブランド価値といったものに対して非常に興味が沸いてきて、こういったことをさらに深く追求した上でのマーケティング戦略について研究してみたいと思うようになりました。このような観点で研究室を調べたところ、慶應大学大学院の研究生が卒業論文で「CRMのためのブランド分析」「CRMのための商品カテゴリー分析」をなさっている事が分かりました。そこで、ゲーム理論を分析手段の主軸としながらも、マーケティング戦略についてもっと踏み込んだ研究がしたいと思い、教授の下でこの分野のご指導を承りたく思います。研究室訪問を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。