米国におけるアウトソーシングビジネスの分析

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数176
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    米国におけるアウトソーシングビジネスの分析
    要約
    目次
    1.はじめに
    2.米国におけるアウトソーシングの定義
    2-1 黎明期
    2-2 成長期
    2-3 転換期
    3.アウトソーシングの定義
    3-1 サービスの提供形態による定義
    3-2 花田モデル
    3-3 アウトソーシング発展段階モデル 
    4.終わりに
    ※ 参考文献
    1.はじめに
     前回の発表において我々はアウトソーシングを①自社の資源の外部化、②外部資源の活用と定義付けた。しかし、この定義は非常に抽象的であり、また日本において「アウトソーシング」という言葉のもつ意味はその業種や受けるサービス形態などによって多種多様である。そこで、今回我々は米国のアウトソーシングビジネスの変遷を分析することでその定義を明確化することとした。まず、米国におけるアウトソーシングビジネスの変遷を黎明期、成長期、転換期と分割した。その上で各期間において、米国におけるアウトソーシングビジネスがどのようなニーズの元で、どのような形態をとっていったのかを分析する。
    2.米国におけるアウトソーシングビジネスの変遷
    2-1 黎明期
    米国における初期のアウトソーシングビジネス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。