携帯テレビ電話を使ったNTTドコモの戦略

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数812
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    MBA演習2
    ~携帯テレビ電話を使った
    NTTドコモの戦略~
    2006/3/7
    全体的なシナリオ
       まず、携帯市場を取り巻く社会的な変化とその他の変化から述べる。今現在、携帯市場は成熟化しており今後母数を増やしていく事は不可能になってきている。また、固定テレビ電話、IP電話の普及や、パケットの定額制、2006年にはナンバーポータビリティー制度による顧客の流出、新しい電波帯による新規参入による通話料の定額化など携帯電話を取り巻く環境は非常に厳しいものといえよう。しかし、悲観的なものだけではなく、ユビキタス社会の実現という携帯電話にとって非常に可能性を求めることができるような出来事もある。
    その他の社会変化としては、社会構造は高齢化しており年金需給と供給の関係が今の制度では保てなくなるほど構造が変わってきている。医療費の増大や年金の需給時期の延期、税率の定額化等、国政による国民への負担は大きくなってきている。また、犯罪の増加による国民の不安、特に子供の関わる犯罪に関しては、子供をもつ者にとってひどく不安であるといえよう。
    次にNTTドコモの強みとしてグループ企業の持つ総合性とテレビ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。