サッポロビール、アサヒビール、キリンビールの三社について財務分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,154
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サッポロビール、アサヒビール、キリンビールの三社について財務分析を行った。
    これらの企業のデータをそれぞれある変数に行列として取り込み、それらをリストを使用して、また違う変数に格納し、必要に応じ各企業のデータを使っていき、分析を行った。成長率は行列をタイムシリーズ化しグラフにして分析を行った。グラフは以下に示す。
    また、インターネットで業界内での地位を調べたところ三社の順位は上からアサヒ、キリン、サッポロであった。
    成長率のグラフ
    サッポロビールについて
    収益性
    資本利益率が95年に-3%と特に低く、全体的にも低い。総資本回転率は70と高いが、アサヒやキリンと比べると低い。売上高利益率も低めで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。