「職業訓練について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数404
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    組織行動論
    「職業訓練について」
    1. 背景
    日本の産業界では、団塊の世代が退職を迎える時期にきている。この世代の労働者は、日本の高度経済成長に貢献してきたと言えるだろう。この世代の人たちの持つ暗黙知;ノウハウ、その人に内在するマニュアル化出来ない様なスキルが企業の維持・成長を支えてきたのだ。この世代の人たちが退職するということは、企業はその人たちの持つ「知」を失うということにつながる。これは、企業にとって、日本の産業にとって、見えない、しかし、大きな損失になりかねない。これを防ぐためには、団塊の世代のもつ「知」を後世の労働者に継承する必要がある。つまり、社内における訓練が重要になってきているということだ。
    どうしたらこの訓練をより効果的なものにすることが出来るかであろうか。
    2. 目的
    訓練をより効果的なものにするための、要素の一つとして訓練される側の能力修得に対する欲求の強さ高さが上げられるだろう。
    訓練される側と訓練する側の関係性が上の欲求に影響を与えると考え、その一つとして「親密度」を取り上げた。さらに、訓練する側の属性が上の欲求に影響を与えると考え、その属性として「権威主義」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。