地方銀行の不良債権処理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数665
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    序文
    現在、地方銀行への注目は不良債権処理などに集まっているが それらの問題を片付けためには 基礎的収益力の強化が必要であり、これからは 地方銀行収益力の強化について 見ていく。現在、地方銀行の間で取組みが進展しているものとして、以下の四つである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    序文
    現在、地方銀行への注目は不良債権処理などに集まっているが それらの問題を片付けためには 基礎的収益力の強化が必要であり、これからは 地方銀行収益力の強化について 見ていく。現在、地方銀行の間で取組みが進展しているものとして、以下の四つである。
    住宅ローンの拡大
    経費の削減
    金利プライシング
    経営体制の改革(不良債権の処理)
      これら収益力の強化の戦略のうち、今回は住宅ローンの拡大を 取り上げ、その効果を 分析して 地方銀行の生き残りへの提案に示唆を与えるものと考える。
      (注:地銀=地方銀行、都銀=都市銀行)
    地方銀行における基礎的収益力強化に向けた段組み
    2.1 住宅ローンの説明
    住宅ローンとは 自己居住のための住宅購入・新築・増改築などの資金を融資する個人向けローンである。
    個人が利用できる住宅ローンには様々な種類がある。公的融資は「住宅金融公庫融資」「年金住宅融資」「財形住宅融資」、そして各自治体が実施している「自治体融資」などがある。それに対し民間融資としては「銀行や信託銀行」「生命保険会社」「信用金庫」「JA(農協)」などが用意している住宅ローンがあげられる。こうし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。