交通計画レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数388
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    交通計画レポート
    小さいころから私はある疑問を抱いていた。いわきは距離的に東京と仙台の中間地であるのに、なぜこんなにもかかる時間が違うのか。もちろん東京はいわずと知れた日本の首都であるが、仙台も人口 人を抱える地方中核都市ではないかと。しかし現実の状況は、仙台まで車で行くという人は馬鹿者扱いされるのが常であったほど、仙台いわき間の道路網は頼りなかった。だが、ここ数年のことであるが、ついに常磐道の仙台延長工事が始まりだした。当時、道路公団問題や政府の整備計画などなにも知らない子供であった私は、仙台近くに住む祖父母の家に、いままでより早く着けるようになるのだと純粋に喜んだ。現在、「着工済み」の工事は順調に進行中であるという。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    交通計画レポート
    小さいころから私はある疑問を抱いていた。いわきは距離的に東京と仙台の中間地であるのに、なぜこんなにもかかる時間が違うのか。もちろん東京はいわずと知れた日本の首都であるが、仙台も人口 人を抱える地方中核都市ではないかと。しかし現実の状況は、仙台まで車で行くという人は馬鹿者扱いされるのが常であったほど、仙台いわき間の道路網は頼りなかった。だが、ここ数年のことであるが、ついに常磐道の仙台延長工事が始まりだした。当時、道路公団問題や政府の整備計画などなにも知らない子供であった私は、仙台近くに住む祖父母の家に、いままでより早く着けるようになるのだと純粋に喜んだ。現在、「着工済み」の工事は順調に進行中であるという。
     
    戦後、高度成長期を経て、日本には多くの道路、橋などの社会資本が整備、蓄積されてきた。その基本的な役割は、安全性を高めることと、経済の発展である。安全で快適な社会基盤を築くことと、「ヒト」や「モノ」の移動により消費を拡大していくことは、欧米に追いつくための必須条件だったのだ。こうした効果が、日本を経済大国へと押し上げる原動力となった。道路等の社会資本整備によって経済..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。