現在の中学生をどうみるか?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数282
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在の中学生をどうみるか
    最近の中学生といっても、私自身最近の中学生と直接接する機会があまり多くないため、一般的な意見は言えませんが、私の接した範囲内での中学生についてと、私が思う中学生について自分の中学時代と比較しながら書こうと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在の中学生をどうみるか
    最近の中学生といっても、私自身最近の中学生と直接接する機会があまり多くないため、一般的な意見は言えませんが、私の接した範囲内での中学生についてと、私が思う中学生について自分の中学時代と比較しながら書こうと思います。
    まず強く感じるのは、体を動かさそうとしない生徒が多いということです。私の時代は、特に男子は、休憩時間などは体育館やグラウンドでよく遊んでいたものです。しかし、近頃の中学生は休憩時間を教室の中で過ごす生徒も多いようです。
    また、携帯電話の普及は中学生にもおよんでおり、特に都会ではかなり多くの割合で中学生が携帯電話を持っています。安全のため、便利な連絡手段として親から持たされると言う理由もあります。その一方で、友達とメールをしあうために携帯電話を持ちたがる中学生も多いはずです。携帯電話には、出会い系メールなどの情報が多く入り、敏感な年代である中学生には、良いこととは思えません。
    最近では、学生の学力低下が指摘されています。ゆとり教育として、学校で教わる内容は減り、勉強時間がへっています。その反対で学習塾に通い難しい勉強をする生徒は増え、両極化していると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。