都市データ分析レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数669
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    都市データ分析レポート
    (1)コロプレス図
    関東地区における1000人あたりの市町村別職員数の図をのせる。
    図1:1997年関東地区、市町村別1000人あたりの職員数
    各都県、人口の少ない農村部や山間部の市町村において人口1000人あたりの職員数が多いことがわかる。東京23区や横浜市、千葉市、現さいたま市をはじめ首都圏においては、それほど多くはなっていない。
    (2)データの記述統計量
     はじめに全部のデータにおいて、1000人あたりの職員数を被説明変数とし、人口(対数)、人口密度、1人あたりの市町村税、自主財源/歳出財源の財源依存度を説明変数とした。このときにおけるデータの記述統計量は表1のとおりである。
    表1:データの記述統計表
      1000人あたりの職員数 人口(対数) 人口密度 1人あたりの市町村税 財政の依存度 平均 8.317821446 4.484281581 24.4082035 151.7318778 0.54778873 標準誤差 0.336432348 0.02841688 1.63813769 2.864494253 0.008028287 10%点 4.8535..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。