自治体経営の効率性の検証

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数313
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    都市データ分析レポート
    自治体経営の効率性の検証
    自治体経営の効率性の尺度
    →人口1000人当たりの一般公務員数(教員等を除く)を用いる。すなわち、一定の行政サービスを生産するのにかかる費用の観点から効率性を捉える。ここで教員等を除いたのは、国や都道府県から予算措置されているためである。
    2. データ
    (1)用いるデータ
    被説明変数Y:人口1000人当たりの公務員数
    説明変数:人口規模(対数)
         人口密度
         一人当たりの市町村民税
         財政の依存度(finout)(=自主財源/歳出総額)
    (2)選定理由
    ・人口規模が大きくなると「規模の経済」の理論より効率的自治体経営ができると予想される。被説明変数との相関係数はマイナスの符号になる。
    ・人口密度が高くなると「集積の経済」の理論からコストを小さくすることができると予想される。被説明変数との相関係数はマイナスの符号になる。
    ・地域全体の平均所得が高いと行政サービスに対する要求も大きくなってくると予想される。被説明変数との相関係数はプラスの符号になる。
    ・国などが財政的にサポートしてくれるなら、コストを削減しようとしに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。