感性デザイン学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数521
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    感性デザイン学
    1.はじめに
    感性デザイン学の中で、わたしが興味を持った分野は、プロダクトデザイン開発への応用である。以前、某テレビ番組そこで、「電車の吊り皮をデザインする」という企画があった。ある有名デザイナーがこれに挑戦し、1つの作品を作り上げたのだが、機能はさることながら、その作品に、なんとも言えない好感を持ったことを覚えている。講義を受ける中で、その「なんとも言えない好感」こそが、感性デザインへとつながるのだと知った。そこで、今回の課題では、なぜ、感性科学におけるプロダクトデザイン開発への応用が注目を集めるのか、考察していきたいと思う。
    2.感性デザインの役割
    今日、製品に対しては機能..

    コメント1件

    kasosei 非購入
    参考したいです、ありがとうございます。
    2009/09/08 2:50 (7年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。