村上ファンドの阪神電鉄株式の取得について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数385
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)投資ファンドによる株式大量取得は正当か、あるいは非難されるべきか。また    阪神電鉄の経営にどのような影響を与えるか。それは株主や阪神電鉄の経営   者、従業員、利用者にとって良い影響か、悪い影響か。

    A、まず最初に私の考えを言いますと投資ファンドによる株式大量取得は正当だと思います、なぜなら上場企業ならば誰でも株主になれるというものが株式の原則であり、平等性だと思います、もし上場会社の株式の売買に規則をつけてしまったら平等性もなくなり、日本の株式市場は世界の市場からおいてけぼりにされてしまうと思います。それにそもそも株式会社が株の発行をするのは会社の所有権を買ってもらって、その資金で会社を運営するのが目的なので、それを売買するのは当然ですし、資金が回るので経済にもプラスだと思います。問題はマスコミも株式会社の社長も株式会社を株式じゃない会社と区別ができない事だと思います。株式会社はお金を稼ぐ為の手段で会社に執着したり、威張りたい人には向かないシステムです、上場している限り、誰にいつ株を大量取得されても、誰にも文句は言えないはずです、もし買収をされたくないのならある程度の買収対策をするか、上場するのをやめるべきです、そもそも今回の問題は対策に手抜かりのあった阪神球団の親会社である阪神電気鉄道の代表取締役以下取締役に対して批難の鉾先が向けられるべき事案であるはずだと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「村上ファンド」による阪神電鉄株式の大量取得問題
    (約40%の株式を取得)についての意見。
    (1)投資ファンドによる株式大量取得は正当か、あるいは非難されるべきか。また    阪神電鉄の経営にどのような影響を与えるか。それは株主や阪神電鉄の経営   者、従業員、利用者にとって良い影響か、悪い影響か。
    A、まず最初に私の考えを言いますと投資ファンドによる株式大量取得は正当だと思います、なぜなら上場企業ならば誰でも株主になれるというものが株式の原則であり、平等性だと思います、もし上場会社の株式の売買に規則をつけてしまったら平等性もなくなり、日本の株式市場は世界の市場からおいてけぼりにされてしまうと思います。それにそもそも株式会社が株の発行をするのは会社の所有権を買ってもらって、その資金で会社を運営するのが目的なので、それを売買するのは当然ですし、資金が回るので経済にもプラスだと思います。問題はマスコミも株式会社の社長も株式会社を株式じゃない会社と区別ができない事だと思います。株式会社はお金を稼ぐ為の手段で会社に執着したり、威張りたい人には向かないシステムです、上場している限り、誰にいつ株を..

    コメント2件

    darth_vader 購入
    わかりやすい文章ですが、少々、「〜思います」が多いと感じました。
    2007/01/20 22:18 (9年11ヶ月前)

    b041450d 購入
    ふつうです。まとめ方に少々難あり。
    2007/10/20 12:49 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。