因果関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数329
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    Aは、Xに対し、殺意をもって、深夜の公園で約2 時間10 分にわたり、間断なく、極めて激しい暴行を繰り返し、さらにマンションの居室に場所を移して約45 分の間、断続的に同様の暴行を加えた。
    Xは隙を見て、そのマンションの居室から靴下履きのまま逃走してきたが、約10 分後、マンションから約800 メートル離れた高速道路に侵入したところ、疾走してきた自動車に衝突し、後続の自動車にひかれて死亡した。
    Aに殺人罪(199 条)は成立するか。殺人未遂罪(203 条)にとどまるか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2006/05/15
    レポート課題
    Aは、Xに対し、殺意をもって、深夜の公園で約 2 時間 10 分にわたり、間断なく、極め
    て激しい暴行を繰り返し、さらにマンションの居室に場所を移して約 45 分の間、断続的に
    同様の暴行を加えた。Xは隙を見て、そのマンションの居室から靴下履きのまま逃走して
    きたが、約 10 分後、マンションから約 800 メートル離れた高速道路に侵入したところ、疾
    走してきた自動車に衝突し、後続の自動車にひかれて死亡した。Aに殺人罪(199 条)は成立
    するか。殺人未遂罪(203 条)にとどまるか。
    問題になるのは、Aの行為とXの死亡に因果関係があるかどうかである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。