精神障害者とノーマライゼーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,135
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    戦後数十年、精神障害者は疾病に関わる部分と障害に関わる部分の線引きが難しいということもあって、全てが病気であり「医療」対象として、その福祉も医療のオプションであって、医療関係者を中心に限られた者だけが対応する形が平成2年の関係8法改正後も続いていたが、近年の法改正で精神障害者福祉も区市町村業務へと移行、ようやく他分野の福祉と同様に転換期を迎えてきている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者とノーマライゼーション」
    戦後数十年、精神障害者は疾病に関わる部分と障害に関わる部分の線引きが難しいということもあって、全てが病気であり「医療」対象として、その福祉も医療のオプションであって、医療関係者を中心に限られた者だけが対応する形が平成2年の関係8法改正後も続いていたが、近年の法改正で精神障害者福祉も区市町村業務へと移行、ようやく他分野の福祉と同様に転換期を迎えてきている。  保健所主体から市町村が福祉の主体となることによって改めて精神障害者への福祉は地域の課題とされ、医療・保健・福祉のアンバランスの是正が図られていくであろうことは言うまでもないが、精神障害については、その障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。