スーパービジョンの意義と役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,647
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉基礎構造改革が推進されているなかで、サービスの選択権、自己決定権等のサービス利用者の権利保障が課題となっており、対人援助の実践が問われている。 対人援助は面接から始まるが、面接では、信頼される専門的援助関係を形成することが最も大切である。そのために、対人援助者に対して、人権を尊重し、対象者を理解する面接スキル、コミュニケーションスキル等を高めるためのトレーニングの機会をつくり、優れた対人援助実践が展開できることを目的としてスーパービジョンが行われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉基礎構造改革が推進されているなかで、サービスの選択権、自己決定権等のサービス利用者の権利保障が課題となっており、対人援助の実践が問われている。 対人援助は面接から始まるが、面接では、信頼される専門的援助関係を形成することが最も大切である。そのために、対人援助者に対して、人権を尊重し、対象者を理解する面接スキル、コミュニケーションスキル等を高めるためのトレーニングの機会をつくり、優れた対人援助実践が展開できることを目的としてスーパービジョンが行われている。
    人を個別化して捉え、民主的に物事を進めるべきだという考え方が、かえって現場のスーパーバイザーを苦しめている。多数決で援助方針を決めるのが良いチームであって、権限によるリーダーシップは良くないと思われている傾向がある。かつて日本にスーパービジョンが導入されたときには、より良いサービス提供のため、援助者の人格をも変えることがスーパービジョンだと捉えられてきた節があった。スーパービジョンにおいては、スーパーバイジーとスーパーバイザーの両者が相互依存しながら成長しあうことが望まれる。スーパービジョンとは、スーパーバイザーとスーパーバイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。