縄文人の生活

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数475
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    約1万2千年前から、日本は縄文文化が広がっていた。縄文時代の人々は、竪穴式住居に住み、弓矢での狩猟、貝塚に見られる漁、植物の採取と調理、後には栽培など、様々な手段と工夫を用いて生活をしていた。三内丸山遺跡を例にあげて述べる。 
     三内丸山遺跡は、青森県の郊外にある。推定される範囲は約35ヘクタールと広大で、住居・墓・倉庫語・ゴミ捨て場・祭祀の空間などの様々な施設が、一定の場所に整然と配列され、計画的な集落づくりが行われていた。集落の存続期間は約1500年間ときわめて長い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    約1万2千年前から、日本は縄文文化が広がっていた。縄文時代の人々は、竪穴式住居に住み、弓矢での狩猟、貝塚に見られる漁、植物の採取と調理、後には栽培など、様々な手段と工夫を用いて生活をしていた。三内丸山遺跡を例にあげて述べる。 
     三内丸山遺跡は、青森県の郊外にある。推定される範囲は約35ヘクタールと広大で、住居・墓・倉庫語・ゴミ捨て場・祭祀の空間などの様々な施設が、一定の場所に整然と配列され、計画的な集落づくりが行われていた。集落の存続期間は約1500年間ときわめて長い。また、出土遺物品の数も膨大で、豊富な情報が埋蔵されている。
     遺物として、縄文式土器や竪穴式住居が多く見つかっている。狩猟具..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。